FC2ブログ

主治医から“内視鏡は毎年受けなきゃダメ!”,大腸ポリープ切除後の診察

歯医者表紙0108

✔再発した大腸ポリープの内視鏡による切除後、2週間が経過したので診察を受けてきました

(主治医)術後の経過はどうですか?
(筆者)特に異常ありません
(主治医)ポリープは綺麗に切除できてるし、良性でしたから問題ないですよ
(筆者)良かったです。1年半前に切除したとのとは違う場所ですか?
(主治医)同じ場所に再発するケースもありますが、今回は違う場所です
(筆者)ポリープの大きさはどの位ですか?
(主治医)丸じゃなくて5mm×10mm位
(筆者)内視鏡検査の際、他に小さなポリープもあったんですよね?
(主治医)そうですが切除自体にもリスクがあるので2mm以下は切除はお勧めしていません
(主治医)10mmを超えると癌の確率が高いので5mm以上は切除を勧めます
(筆者)放置しておいて治ることはあるのですか?
(主治医)大きくならないことはあっても、なくなることはありません
(主治医)1年半で10mm近いポリープになったので、今度は1年後に受診してください
(筆者)この先、毎年、定期受診ってことになるんですかねぇ?
(主治医)そうですね。来年の検査で進展がなかったら2~3年毎でも良いかも知れませんが
(筆者)はい、よく判りました


という訳で、今回の診察を受ける前は、人間ドックで便潜血がひっかかったら内視鏡検査を受ければいいか?と思っていましたが、今回も便潜血は問題なかったのに内視鏡で10mm近いポリープが見つかったことと、

✔大腸ポリープを放置すると癌になる確率が高くなるので毎年内視鏡を受けることとしました

診察を終えた後は診療費を支払った後、受付けに行って今回の手術・入院に伴う給付金を請求するために必要な診断書の発行&郵送を依頼してきました

話は変わって、この病院での人間ドックや診療時の血圧測定結果が“家庭血圧”に較べて随分と高かったことから、 当初“診察室血圧”による血圧上昇も疑っていました

ところが、従来の高血圧対策メニューに加えて禁酒2週間を行った結果、“家庭血圧”は朝血圧だけでなく日中血圧も大幅改善できたので、果たしてこの病院の血圧計でもそのとおりに出るのか?試してみたところ、

✔この病院の血圧測定結果も“家庭血圧”で測ったのとほぼ同じ “正常血圧”以下になりました(^^)/

↓:“診察室血圧”が、昨日の“家庭結果”とほぼ同じ数値になりました
診察室血圧20180707

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました

↓:“リタイア後のくらし”に関する情報が満載のサイトはこちら(^_^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ シニア投資家へ
にほんブログ村

シニアライフランキング

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する