最強の“ダブル厚生年金”!大企業なら1億円,年金制度の勉強(その1)

表紙20170710

この3月から年金生活に突入しましたが、公的年金制度というのは非常に複雑なので、

・現在の知識では将来の資金シミュレーションに不安が残ること
・ファイナンシャルプランナーの資格を取るための基礎知識を増やしたいこと

から、もう少し年金制度の勉強を行っています


そんな最中、ちょうどPRESIDENT Onlineさんからのメールで

✔定年後の年金格差「約7735万円」の現実:大企業に共働きなら「1億円」超え

というタイトル記事がありました

中身を読んでいくと、世帯年金という見方をすると、世帯員の構成によって“65歳から22年間の年金受給額に最大約7735万円の格差がある”という内容です

↓出典:PRESIDENT online
年金格差20180606

この格差が生じる原因は、国民年金と厚生年金の年金額格差(約3倍)、一人働きと共働きの年金額格差(約1.5~2倍)、の組み合わせで、最大約6倍の格差が生じる訳ですが、

改めて感じたのは、

✔夫婦共働き会社員(正規雇用)であれば、定年後のお金の心配はほとんどないだろうなぁ~

一方で、

✔おひとりさま会社員(非正規雇用)だと、定年後のお金の心配は尽きないだろうなぁ~

従って、

筆者:会社員=厚生年金、カミさん:専業主婦=国民年金という

✔中間に位置する我が世帯は、ある程度苦労するのは当然だよなぁ~

という風に妙に納得してしまいました(笑)

最後に、このPRESIDENT Onlineの記事では、この年金格差を埋めるためには、企業が人手不足である現在の環境を利用して、非正規雇用から正規雇用への挑戦、条件の良い会社への転職、定年後の再雇用による年金の繰り下げ支給、、という方策を勧めていますが、なかなか“言うは易く、行うは難し” ですよね

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました

↓:“リタイア後のくらし”に関する情報が満載のサイトはこちら(^_^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ シニア投資家へ
にほんブログ村

シニアライフランキング

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する