出費は痛いがバルコニー・リフォームを決心,築20年の我が家

バルコニーリフォーム1_20171016

業者の見積りに仰天!(-_-メ),築20年 我が家のメインテナンス

から1.5ヵ月が経過しました

総費用約390万円の見積もりの内訳は、

・屋根・外壁塗装のリフレッシュ:約250万円 保証なし
・バルコニー防水リフォーム:約140万円 10年保障あり

となっています


リタイア後の資金シミュレーションにリフォーム予算500万円を織り込んでいますが、如何せんタイミングが早過ぎるのと、外装リフォームだけで390万円も使ってしまうと、今後の資金プランが成立しないので悩みましたが、

✔今回は、まずバルコニー防水リフォームを行う決心をしました

↓:これが費用が高くなった原因の大きな玄関上バルコニー
バルコニーリフォーム2_20171016

↓:こっちの寝室バルコニーも周囲の劣化が進んでいます
バルコニーリフォーム3_20171016

一つ目の理由は、この我が家はカミさんとの棲家として、また子供達や孫(まだ居ないけど、、笑)の実家として、あと15年は住み続けたいのですが、10年前に一度リフレッシュ塗装を行った屋根・外壁に対し

✔ベランダは20年ノーメンテなので、先延ばしによる追加費用が発生が嫌だからです

もう一つの理由は、屋根・外壁塗装は、リフレッシュ後の保証がないのであれば、我が家を建築した今回の見積もり業者に固執する必要はなく、他の業者を含めて、もう少し調べてみたいと考えましたが、

✔本音は、屋根・外壁塗装は3-4年粘って、最後のリフレッシュにしたいのが願いです

そう言えば、我が家の住宅街も徐々に高齢化が進んでおり、ウオーキング中に気がついたのですが、最近、平屋建ての新築住宅を見かけることがあります

今回の見積もり内容を見てみると、

✔平屋建てのメンテナンスは圧倒的に廉価になりそうなので“終の棲家”の選択枝かも?

<平屋建ての場合、省けそうな費用>
・足場等(2階建付帯工事費用):約50万円
・ベランダ防水:約140万円
・塗装(建物表面積に比例):約140万÷2=70万

・・と、今回の1/3位の費用で済みそうな感じがするのですが、素人の皮算用かな?

✔いずれにしても、以下について資金シミュレーションをやり直す必要がありそうです

・今後のリフォーム予算:今回の出費と今後の計画の織り込み
・医療費予算:高齢者医療負担の増分の織り込み


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました

↓:“リタイア後のくらし”に関する情報が満載のサイトはこちら(^_^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

シニアライフランキング

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する