初めての失業給付,ハローワーク初回失業認定日

雇用保険説明会1_20171006


退職後の手続き(5)-二者択一は“年金”⇒“失業給付”へ方向転換!
して、

✔ハローワークへ行ってから28日が経過し、初回失業認定日がやってきました

失業認定は1ヵ月単位ではなく、28日(4週間)単位で行われるので、最初に求職申込みを行った曜日に、4週間毎ハローワーク訪問を繰り返し、給付日数(筆者の場合150日なので失業認定日は6回)に到達したら終了、、という仕組みになっていることを理解したのは、つい先週になってからです

ちなみに、ハローワークからの失業認定日指定は厳しく、例えば旅行なんかとバッティングしない様にしないと、その回の失業認定を放棄する(=28日分の失業給付がお預けとなる)ことになるので気をつけなければなりません。

失業認定の肝となるのは、失業認定申請書に記入する求職活動実績(2回以上/認定日前日まで)ですが、今回は“最初に行った求職申し込み”と先週の“雇用保険説明会への参加”が2回としてカウントされることは確認済みなので、

✔今日の目標は失業給付を受けること以上に、今後の求職活動を計画的に行うヒントを得ることです

失業認定日1-20171014

今回、職業相談の際に提出するアンケートには、

・再就職先は失業給付期間でじっくり検討したい
・高齢者の求職活動が有利になるような職業訓練や資格について相談したい


と記入し、整理券をもらって待つこと30分、番号が呼ばれて係員と相談すること約30分と言う感じになりました

要約すると

・“公共職業訓練”は多くのメリットがあるが、(特に事務系は)競争率が高い。試験と面接で選抜する。
・“公共職業訓練”よりメリットは少ないが、ハードルも低い“求職者支援訓練”がある
・更に55歳以上は“シルバー人材センターの技能講習”が受けられる


ということです

“公共職業訓練”や“求職者支援訓練”は最低3ヵ月、一方の“シルバー人材センターの技能講習”は3~6日が中心のカリキュラムとなっていて、ちょっと両極端ですねぇ?、、って反応を示したところ、

✔来週、“職業訓練説明会”があるのでレベルや内容を確認してみませんか?これも求職活動実績です

失業認定日2_20171014

というなんとも優しいアドバイスをもらったので、即決して参加申し込みを行なった結果、第2回認定日に向けては、

✔すんなりと“今日の職業相談”と”来週の職業訓練説明会”で求職活動2回の見通しがつきました

さて、職業訓練について筆者は、求職活動+ボケ防止を目的として、OA事務科やWEBデザイン科を候補としているのですが、若い人に試験や面接で勝てる可能性は低いと思っているので、その場合、代替手段がなくなるのは苦しくなります

今回の最大の関心事はリタイアして“使うようになった身体”、“使わなくなった頭” で書いたMOS(Microsoft Office Specialist)受験が求職活動実績になるかどうかということですが、

✔確認の結果、筆者の求職内容からして、MOS受験は求職活動実績になるとの回答を得ました(^_^)/

従って、来週の職業訓練説明会の内容次第ってところは残りますが、第3回失業認定日以降の求職活動実績(8回以上必要)の組み立ては、以下がメインシナリオになりそうです

・職業相談(失業認定日当日):3回
・ハローワーク開催セミナー受講:2回
・MOS受験(Excel,Word,Powerpoint):3回
・TOEIC受験:1回(予備、別途要確認)


✔最後に、初めての失業給付21日(28日―待機期間7日)の書類を受け取り家路につきました

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました

↓:“リタイア後のくらし”に関する情報が満載のサイトはこちら(^_^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

シニアライフランキング

Comment

  • 2017/10/14 (Sat) 07:18
    クロスパール #- - URL
    No title

    私も退職してから2か月たちましたがやっと失業給付の手続きに行けそうです。
    失業保険はありがたいですね。

    失業認定日や求職活動をしたときは何か印みたいなのをついてもらえるんでしょうか?それともPC管理?

  • 2017/10/14 (Sat) 09:26
    Sei-yan #- - URL
    クロスパールさん

    ご質問の回答です。失業給付獲得に向け頑張ってください!

    ✔毎回の失業認定日に持参するのは
    ・雇用保険受給資格者証:表面に受給資格、裏面に認定日記録や職業相談記録欄があります
    ・失業認定申請書:失業認定日毎に提出

    ✔(上記、失業認定申請書に記入する)求職活動実績の証明は、、
    ・ハローワークでの職業相談→上記の受給資格者証の裏面に実績記入+押印をもらう
    ・職業訓練説明会→申し込み時に用紙をもらって、説明会で受付印をもらい認定日に提出
    ・MOS受験→受験票を認定日に提出

    という風に、直接“お金”に絡むので、敢えて前近代的手法になっているようです

  • 2017/10/14 (Sat) 15:15
    クロスパール #- - URL
    No title

    詳しく説明してもらい、ありがとうございます。
    データ管理かと思ったのですが記入方式なんですね。

    せっかくの制度なので活用したいと思います。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する