1年で15万も増えている?!,据置中の個人年金保険

個人年金取り崩し1_20171008

今年6月末にリタイアしましたが、公的年金をフルに受給できるまで、まだ4年近くあるので、金融資産の取り崩し主体の生活に入ることになりますが、期を同じくして、

想定外の我が家のメインテナンス費用を捻出しなければならなくなりました

一方、リタイア後の1~2年だけ活用可能な“退職金専用定期”に、退職金だけでなく低金利の預金も掻き集めて預けてしまったので、普通預金の取り崩しだけでは当面の資金がショートしそうになっています

個人年金取り崩し2_20171008

個人年金取り崩し6_20171008

選択肢としては、

・退職金定期の次のリレータイミングで一部資金を取り崩しするか?
・金融資産ポートフォリオに入れていない据置中の個人年金保険を一時金で受給するか?

のどちらかになりますが、

前者については、地銀からのリレー候補の三井●友信託銀行の金利が1.2→0.8%に低下しました

一方、後者ついては既に据置にしているので積立金額は殆ど変っていないだろうと思い込んでいましたが、念のため、この一年の積立額の変化を調べたところ

✔なんと据置中の個人年金保険は1年で15万円増えています!1.23%/年の金利(^_^)/

個人年金取り崩し3_20171008

昭和58年に加入したこの個人年金保険って、俗にいう“お宝保険”なのですかねぇ?

この個人年金保険の金利は、今後も保証されるわけではありませんが、現時点の選択肢としては、11月に退職金定期をリレーする際に、一部資金を取り崩す方が得策と判断しました

✔それにしても年金や保険って本当に複雑です、、もっと勉強しなきゃ

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました

↓:“リタイア後のくらし”に関する情報が満載のサイトはこちら(^_^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

シニアライフランキング

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する