一旦、資金を掻き集めて退職金運用プランへ、資産運用ポートフォリオ[2]版

表紙20170430
↑:出展:http://incomlab.jp/asset-management-3528

退職後、1~2年しか利用できない退職金運用プランを使い倒すために、以下の作戦で資金を移動し、金融資産ポートフォリオの見直しを行いました

<今回のポートフォリオの狙い>

✔一旦、余裕資金をかき集めて、今しか活用できない以下の退職金専用プランで運用
余裕資金の殆どを退職金専用定期とし、地銀(1.8%/年)→信託銀行(1.2%/年)でリレー運用する
一部資金を、退職金専用運用プラン(円定期(5.3%/年)+債券ファンド)に回す


<資産運用ポートフォリオ 2017[2]版>

✔通常預金とFXスキャル&自動売買ロボットを770万円圧縮し、退職金と合わせて余裕資金を掻き集める
✔新たに、退職金専用定期で 2,500万円を、地銀→信託銀行のリレーで運用し、1.5%/年を狙う
✔新たに、退職金運用プランで250万円を外国債券ファンドで運用し、5%/年を狙う


2017ポートフォリオカク2emf

<円建て運用~外貨建て運用比率の変化>

✔(止むを得ないが)外貨建て資産比率がを[1]版の41%から27%へと低下してしまった

2017ポートフォリオカク2図2

サラリーマン最後の賞与と退職金が円建て資産として増加したため、 外貨比率が低下してしまった。今後、最長2年間、活用できる退職金運用プランの中で、外貨建て定期預金を含んだプランを検討していく予定

<積極運用~安全運用の比率の変化>

✔積極運用は、[1]版の31%から20%と低下したが、レバレッジを効かせたFXと先物で資金効率を高めているので、問題なし

2017ポートフォリオカク2図1

✔このポートフォリオの運用利回り目標は3.0%/年弱で、とにかくコツコツ積み上げるのが狙いです

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました

↓:セミリタイアに関する情報が満載のサイトはこちら(^_^)/

にほんブログ村

セミリタイア
ブログランキングへ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する